趣味で個展を開く場合も気軽に活用できる

週末だけのサロン営業なら

最初からいきなり独立開業というのは中々勇気がいります。
ですので平日は普通に仕事をして、週末だけサロン営業をするという副業的な感じで始める方も少なくないのではないでしょうか。
自分の休みがなくなるという意味ではかなり厳しい働き方ですが、実際サロン営業一本に絞ったとしても、休みがあるかどうか考えると実はないに等しいのではないかと思います。営業時間外は主に自分の腕磨きかサロンの宣伝などの時間にあてられ、それが実際の売り上げにつながれば良いですが、お客様が安定してつくまでは家賃を払うのが精一杯の状態になることが多いと思います。
同じ休みがないならまだ安定した収入源を持ちながら副業として働く方が賢い働き方ではないでしょうか。そして週末だけならレンタルスペースを利用したほうが安上がりになるのでお勧めです。

出張を主な営業方法にする場合

決まった店舗を決めず、お客様のいる所に出張して行うものなら、レンタルスペースは適しているといえます。
いくら仕事とはいえあまり知らない人のお宅に行くのは抵抗があるという方にはお勧めの方法だと思います。店を構えず電話一本でどこでも行くという営業方法なら場所の制約がないので店舗を持つよりこうしたスペースを利用したほうが経費は抑えられます。場所代がかからない分、その他の経費にかけられますし、時間もある程度自由に使えるので、休憩も自由に取れて良いのではないでしょうか。
その分自分の腕磨きにも時間をかけられますし、色々な場所に行ける楽しみもあり色々な土地の人柄にも触れられ自分自身を向上させるのにも役立つのではないかと思います。